沿革

大正10年 6月 相武自動車株式会社として創立
昭和12年 1月 商号を相武鶴屋自動車株式会社に変更
昭和14年 6月 商号を東海道乗合自動車株式会社に変更
昭和19年 6月 商号を神奈川中央乗合自動車株式会社に変更
昭和24年 5月 当社株式を東京証券取引所に上場
昭和26年 6月 商号を現在の神奈川中央交通株式会社に変更
昭和37年 11月 ワンマンバスの運行開始
昭和40年 2月 整理券方式を導入
昭和42年 8月 不動産部を新設、事業の多角化に着手
昭和45年 7月 全国初の深夜バスを運行
昭和48年 4月 乗用部門を神奈中ハイヤー(株)に分離
昭和56年 11月 平塚グランドホテルオープン(現グランドホテル神奈中平塚)
昭和62年 5月 路線バスの冷房化100%を達成
昭和63年 5月 業界初の多区間運賃制度対応のバス回数券カードシステムを採用
平成元年 2月
4月
12月
高速バス運行開始(横浜・町田~奈良間)
コンピュータダイヤ作成システムによるダイヤ改正実施
営業所総合オンラインシステム稼動 深夜急行バス(新宿~本厚木間)運行開始
平成 2年 5月
7月
10月
グランドホテル神奈中平塚別館オープン
グランドホテル神奈中秦野オープン
中伊豆グリーンクラブオープン
平成 4年 9月 ステップリフト付バスの導入開始
平成 8年 4月 (株)湘南神奈交バス営業開始
平成 9年 9月 「環境定期券」制度を導入
平成11年 11月 (株)津久井神奈交バス営業開始
平成12年 10月 (株)横浜神奈交バス営業開始
平成13年 4月 (株)相模神奈交バス営業開始 (株)藤沢神奈交バス営業開始
平成16年 4月 大学生・短大生対象の「TWO WAY PASS」発売開始
平成17年 2月 厚木市及び愛川町・清川村の一部に「バス運行情報システム」を導入
平成17年 3月 湘南台駅西口~慶応大学間で連節バス(ツインライナー)運行開始
平成19年 8月 厚木・愛甲地区にバスと小田急線を乗り継ぐ方を対象としたサービス「バス・鉄道運行情報システム」を導入
平成20年 2月 厚木バスセンター~厚木アクスト間で連節バス(ツインライナー)運行開始
平成21年 3月 カーボンオフセットを導入した6ヶ月定期券「グリーンエコパス」を導入
平成21年 9月 バスの前面に自転車を積載できる路線バス「自転車ラックバス」の本格運行開始
平成23年 12月 IC一日フリー乗車券の発売を開始
平成24年 5月 町田バスセンター~山崎団地センター間で連節バス(ツインライナー)運行開始
平成24年 6月 ブランドマーク制定
平成26年 3月 マスコットキャラクター「かなみん」誕生
平成27年 8月 メガソーラー(太陽光発電)による売電を開始
平成28年 8月 小田急電鉄(株)と共同でアグリビジネスに参入し、高糖度ミニトマトの栽培を開始
平成29年 1月 神奈川中央交通および(株)湘南神奈交バス、(株)津久井神奈交バス、(株)横浜神奈交バス、(株)相模神奈交バス、(株)藤沢神奈交バスで運営していた乗合バス事業を、神奈川中央交通(株)、神奈川中央交通東(株)、神奈川中央交通西(株)の3社体制に再編

ページトップへ