HOME > 企業に関する情報 > CSR > 安全・安心への取り組み

安全・安心への取り組み

 平成18年10月、運輸安全マネジメント制度が導入されたことを機に、安全最優先の方針のもと、経営トップから全従業員に至るまで一丸となった、経営トップ主導による安全管理体制の構築を図りました。輸送の安全に関する方針等の策定、実行、チェック、改善のPDCAサイクルを機能させ、輸送安全のための取り組みを継続し、向上する努力をしてまいりました。
 当社においては、平成19年以降、国土交通省の「運輸安全マネジメント評価」による安全管理に関する取り組みについて、高評価を受け、その後もさらなる安全性向上に努めています。

詳細は、下記のPDFファイルをご覧ください。

神奈川中央交通株式会社の取り組みについて

神奈川中央交通東株式会社、神奈川中央交通西株式会社の取り組みについて

  1. 運輸安全マネジメントに関する取り組みについて(PDF:2.4MB)
  2. 安全管理規程
  3. 安全管理体制組織図
  4. 緊急連絡図

ページトップへ

セイフティレコーダ

セイフティレコーダ

昭和55年から全車両に取り付けてきたエンジン回転警報装置に代えて、平成20年度下期からより性能の高いセイフティレコーダ(運行記録計)の取り付けを開始しました。エンジン回転数超過以外にもアイドリングストップ状況や急加速・急減速など運転操作全般を計測し評価するものです。導入の結果、事故防止とともに燃費向上を図るうえでも有効なものとなりました。

ページトップへ

ナスバネット(運転適性診断) 

ナスバネット

ナスバネットとは、インターネットを介した新しい運転適性診断のシステムで、平成22年5月に全営業所に導入し、常時、各営業所においての診断が可能になりました。診断結果より運転上における特性(クセ)を見出し、運行管理者がきめ細やかなアドバイスを行い、事故防止に役立てています。当社グループでは、3年に1度(50歳以上については2年に1回)の定期的な受診に加え、入社後1年を経過した者や事故発生者等、必要に応じて適宜受診させ、事故防止教育の一環として活用しています。

ページトップへ

安全方針を常に携帯

安全方針ストラップ

輸送の安全がより高いレベルになるように安全方針および達成目標を記載した携帯カードを従業員全員に配布し、安全に関する意識高揚のために平成19年12月からネックストラップに入れて常に携帯しています。

ページトップへ

指差・呼称

指差・呼称

発進時の事故を防止するため、当社では昭和53年から指差・呼称確認による左右、下方の安全確認を励行しています。

ページトップへ

事故防止コンクール

事故防止表彰

営業所ごとに、年間で不注意事故ゼロをめざして、事故防止のコンクールを行っています。優秀な営業所を年度末に表彰し、従業員の安全意識の喚起に努めています。

ページトップへ

サービス向上委員会


平成22年7月、安心な旅客サービスを目的としてサービス向上委員会を設立しました。この委員会は、運輸営業部長を委員長とし、各営業所から選出された運転職・事務職・整備職等で構成され、お客様より寄せられた声を題材に、接客サービスの向上に向けた活発な意見交換を行っています。意見交換後は、それぞれの職場において意識の高揚を図るとともに、お客様の声の活用に努めています。

ページトップへ