HOME > 企業に関する情報 > 投資家情報 > 経営情報 > 情報開示方針

証券コード:9081

経営情報

情報開示方針

1. 基本方針
神奈川中央交通株式会社(以下、当社といいます)は、株主の皆さまやお客さまなど、すべてのステークホルダーに対して、企業情報を適時・適切・公平・正確に開示いたします。
2. 開示の基準
当社は、金融商品取引法および東京証券取引所が定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示に関する規則」(以下、「適時開示規則」)に従って開示を行うとともに、投資判断に影響を及ぼすと思われる事項についても、速やかに開示いたします。
3. 情報開示方法
金融商品取引法に基づく開示は、金融庁の提供する有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システムを通じて開示いたします。
「適時開示規則」に該当する重要情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システムを通じて開示いたします。
これら以外の情報についても、ニュースリリースの配信や、当サイトへの掲載を通じて積極的に発信するよう努めます。
4. 将来予測に関する考え方
当社が開示する情報のうち、業績予想および将来の見通しに関する各種情報については、潜在的なリスクや不確実性が含まれております。従って、経済情勢等の変化によって大きく異なる可能性があることをご承知おきください。
5. 沈黙期間
当社は、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、決算(四半期決算を含む)期日の翌日から決算発表までの期間を沈黙期間としています。この期間は、決算に関するコメントやご質問等に対する回答を控えさせていただきます。

ページトップへ