Kanachuで働くということ

公共交通機関で働く意義

公共交通機関で「働く意義」

Kanachuは公共交通機関として地域に寄り添い、暮らしを日々支え続けています。公共交通の一翼を担い、お客さまを安全に、かつ快適に目的地までお届けする使命と責任、そしてやりがい。Kanachuで受け継がれる信念。当社の人事部長が、公共交通機関で「働く意義」を語ります。

READ MORE
仕事内容

仕事内容

バス運転士の役割は、まさしくKanachuの“顔”として、お客さまを安全・快適に目的地までお送りすることです。安全運行はもちろん、健康管理、車両点検、そしてお客さまへの接遇・サービスに至るまで、「安全・快適」に力を注ぐKanachuのバス運転士の日々の仕事をご紹介します。

READ MORE
ワークライフバランス

ワークライフバランス

Kanachuではワークライフバランスを重視し、プライベートの時間も大切にできる働き方を実践しています。1カ月単位のシフト制を取り入れ、休みは毎月3回の連休を含め月7~9日を確保。さらに、午前番・午後番の勤務では勤務外の半日はフリーの時間。そんなバス運転士のとある1カ月のスケジュールも、ご紹介します。

READ MORE
仕事内容

運転士のパートナー「バス」

バス運転士にとって、バスは大切な“パートナー”です。そのため、Kanachuでは担当車両制を導入しています。“自分のバス”という自覚を持ち、マイカーのように点検・洗車と手塩にかけ、バスを自分の体に馴染ませる。その心掛けが安全運行にもつながっています。

READ MORE

ENTRY

エントリー

「神奈川中央交通 採用HP」をお読みいただき、ありがとうございます。ご興味をもっていただけた方、またはもっと知りたいことや聞きたいことがあるという方は、以下のページよりご応募ください。みなさんからのエントリーをお待ちしております。
※ご応募いただいた際の個人情報は採用業務のみに利用させていただきます。

エントリー