仕事内容

心身・車両の万全の状態を確認したうえで、1日の乗務をスタート

心身・車両の万全の状態を確認したうえで、
1日の乗務をスタート

バス運転士の1日は、入念なチェックから始まります。配属先の営業所に出勤後、マニュアルに沿ってアルコールチェック、車両点検、始業点呼を行い、1日の乗務に備えます。始業点呼ではバス運転士それぞれが健康状態や車両点検結果を報告し、安全にかかわる情報を共有します。心身・車両双方が万全の状態であることを確認したうえで、運行表に基づき、乗務をスタートします。

乗務中は安全確認を徹底し、お客さまへの接遇にも気を配ります

乗務中は安全確認を徹底し、お客さまへの接遇にも気を配ります

乗務中は、「左よし」「下よし」「右よし」「車内よし」の指差呼称を徹底し、車内外の安全確認に努めます。料金の受取時やバス停到着時のご案内など、お客さまへの接遇も大切な役割です。お客さまが降車される際には、「停車します。おつかまりください。」と車内アナウンス。そのすべてがお客さまの安心と信頼につながります。

乗務後は1日の振り返りを行い、バス運転士の仲間同士でリラックス

乗務後は1日の振り返りを行い、
バス運転士の仲間同士でリラックス

1日の乗務を終え、営業所に戻り、乗務後の確認業務を行います。車内清掃、車両点検、アルコールチェックを入念に行います。その後、終業点呼にて1日の業務報告、翌日の勤務確認を行い、1日の勤務が終了です。休憩時間や仕事が終わった後は、バス運転士たちが何気ない会話でリラックスし、新人のバス運転士が先輩に運転技術や接遇について相談する姿も見られます。

未経験車でも安心。Kanachuの支援と研修。

未経験者でも安心。
Kanachuの支援と研修。

Kanachuでは未経験者でも安心の体制を整えています。大型二種免許の取得費用を支援する養成制度、地方採用者が転居に必要な物資等を購入するための転居支援金制度などがあり、特に養成制度を利用して入社される方が全体の4割を超えています。入社後は教官とともにバス特有の運転技術を習得するための研修がスタートします。車両感覚の把握、バス停への停車方法等の運転技術とお客さまへの接遇などを2〜3ヵ月間かけて身につけ、プロドライバーとなっていきます。

ENTRY

エントリー

「神奈川中央交通 採用HP」をお読みいただき、ありがとうございます。ご興味をもっていただけた方、またはもっと知りたいことや聞きたいことがあるという方は、以下のページよりご応募ください。みなさんからのエントリーをお待ちしております。
※ご応募いただいた際の個人情報は採用業務のみに利用させていただきます。

エントリー